ガパオの作り方 タイ料理レシピ


タイ料理レシピ ガパオの作り方ガパオの作り方

タイ料理レシピでも簡単で本格的な味をおうちごはんとして作ることができるガパオのおすすめレシピを紹介します。

ガパオは、料理本などではガッパオ飯となったり、ガパオライス、挽肉とバジル炒めなど、様々な名前で表現されています。

ガパオの作り方は意外に簡単で、バジルと挽肉と目玉焼きとライスが一緒になったご飯です。

 

私は、初めてガパオ飯に出会ったのはアメリカでした。

当時、アメリカでもタイ料理がブームで最初は「フォー」を目当てに食べに行っていましたが、ある日ランチセットのメニューでガパオを体験。

バジルの風味と挽肉の旨み、卵のマイルドさ、タイ米とのマッチングと一気に虜になりました!

 

タイ料理屋でガパオを外食すると、1人前で平均700-1,000円くらい。
結構割高です。

カロリーは一般的に1皿600カロリー程度。

価格が高い割りに簡単におうちごはんとして作れるので、一度作れるようなったらもうタイ料理屋では注文しなくてよくなるかも!

 

それでは簡単・本格タイ料理、ガパオのレシピを紹介します。

まず、私のおすすめガパオの作り方は、

簡単♪ガッパオ飯(挽肉とバジルの炒飯)

です。

 

なぜこのレシピかというと、この後の「私の料理レシピアレンジ・追加解説ポイント」に書くアレンジを加えたらお店の味に近くなったから!

そして、簡単!

 

☆私の料理レシピアレンジ・追加解説ポイント☆

1. 分量
掲載の分量は2人前ですが、ご飯にかけて食べるおかずなので、私が4人分を作るときは全量を1.5倍にしてちょうどよいです。

 

2. ナンプラー
ナンプラーはあまり聞きなれない調味料かもしれませんが、タイ料理では良く使われます。

これは代用がききませんので、必ず用意しましょう。

また、他の材料もガパオの場合は欠かすことはできません。

 

3. スイートバジル
スイートバジルの葉(乾燥バジルでも可)」とありますが、原則粉の乾燥バジルではなく、ちゃんとした生のスイートバジルを買って使いましょう。

これはナンプラー同様、大きく味に関わります。
バジル炒め

 

あとは、レシピどおり!
Enjoy Phad Bai Gaprao Gai Sap!

 

PS
ちょっとでも参考になったら、下記ブックマークやSNSでシェアいただけたら嬉しいです。


コメント

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です