クミンパウダーのミートボールハンバーグ(肉団子)レシピ


クミンパウダーのミートボールハンバーグ(肉団子)レシピクミンパウダーをレシピに取り入れると、エキゾティックな香りが広がり、いつものハンバーグやミートボール、肉団子などが中東や東南アジア、トルコなどで出される肉料理に近い味に変化します。

実際、キョフテという名で世界で有名な料理レシピもあります。

クミンパウダーレシピ今回は、いつもの肉料理の作り方にクミンパウダーを追加するだけでエスニックな料理に変えられる中でも個人的に一番簡単に作れて美味しいレシピを紹介します。

 

まず、私がおすすめのクミンパウダーを使ったミートボールハンバーグ(肉団子)レシピは、

【レシピ】 トルコ料理:肉団子のグリル

です。

ピタご飯よりも、パンやポテトと一緒に食べる方が合うかもしれません。

ピタと呼ばれるパンに挟むのもおすすめです。

また、以前紹介の「ケバブの作り方 トルコ料理レシピ」のソースと合わせてサンドイッチにするのも美味しいです。

キョフテこのレシピがお気に入りのポイントは、とにかく材料と作り方がシンプルなこと。

基本的にリンク先の流れで美味しくいただけますが、私なりにアレンジポイントも紹介しておきます。

 

☆私の料理レシピアレンジ・追加解説ポイント☆

マトンのミートボールハンバーグ(肉団子)1. 掲載の分量は4人前となっていますが、もし夫婦2人で翌日のランチ分も考えた4人前とするならば、2人の内どちらかが結構食べる場合は、「挽き肉600gくらいが理想なのが個人的な理想です。

その場合も、その他の分量は気持ち増やす程度で良いと思います。

 

クミンパウダー2. 各材料と分量について、ポイントになるのは、まさにクミンパウダーです。

これは外してはいけません。

そして、強めに独特の味と香りを強調したい場合は、クミンパウダーの分量はレシピの1.5倍から2倍入れても美味しいです。

 

3. 私の場合、「粉赤唐辛子」が実際に作るときになかったのですが、それほど大きな影響はなっかったと思います。

 

4. レシピの「にんにく」は、面倒なときは料理初心者でも簡単におうちごはんが作れる15の秘訣の「8. すりチューブ調味料の使い分け」で解説している、チューブタイプを使うのもありです♪

 

コフタ5. お弁当でサンドイッチにしたりポテトと合わせづらい場合は、お弁当箱の中でお肉と野菜を混ぜ和えて食べながらパンをかじるスタイルもおすすめです。

 

Enjoy Cumin♪

 

PS
ちょっとでも参考になったら、下記ブックマークやSNSでシェアいただけたら嬉しいです。


コメント

コメント